ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ビジネス > 冬を迎え”熱い熱い コーヒー戦争”どうなるのか。視線が熱い。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬を迎え”熱い熱い コーヒー戦争”どうなるのか。視線が熱い。

2014 - 10/29 [Wed] - 18:18

= 冬を迎え ”熱い熱い コーヒー戦争”どうなるのか。視線が熱い =

ファストFコーヒーショップ、コンビニ・カウンターコーヒーと続き、缶コーヒーメーカーもこれから冬本番を迎え黙っていられません。
ユーザーニーズなどの市場変化をとらえ、さらなる巻き返しを狙いそうです。
本格的なコーヒーを求める消費者の目を向けさせるのはどこのコーヒーでしょうか。注目したい。

気になるニュースの詳細は以下のとおり。
----------------------------------------------------------------------
Sankei Biz ニュースより

 コンビニエンスストアでいれ立てのドリップコーヒーが飲める「カウンターコーヒー」のヒットなどで最近、押され気味の缶コーヒー。だが、メーカー各社も手をこまねいているわけではない。消費者の多用なニーズに対応すべく、従来の商品より高品質をうたった“プレミアム缶コーヒー”を続々と投入し始めた。いずれも高級感、本格感を前面に出し、巻き返しを図ろうとしている。“プレミアム缶コーヒー”に参入する各社に、その思惑を聞いてみた。

サントリーの技術を結集、キリンは二極化

 高級豆を極限までひいた「微粉砕コーヒー」をブレンドし、ボス史上最高峰のコクを実現したのがサントリーの「プレミアムボス」だ。「微粉砕コーヒーは当社の技術を結集したものです。缶コーヒーの品質を保つためには、豆のカスなどの有機物を除去しないと、どうしても後味の悪さやザラザラ感が出てしまうという問題がありました。今までに出せなかったコクやうまみを出したのがプレミアムボスの特徴です」(サントリー食品インターナショナルコーポレートコミュニケーション部)。

詳しくは下記をご覧ください。

“プレミアム”投入で缶コーヒーの逆襲なるか 老舗ダイドーの熱意、キリンは二極化対応

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。