ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 業界動向 > <発泡酒>4社とも糖質ゼロ商品好調 メタボ対策で追い風?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<発泡酒>4社とも糖質ゼロ商品好調 メタボ対策で追い風?

2008 - 05/27 [Tue] - 00:00

<発泡酒>4社とも糖質ゼロ商品好調 メタボ対策で追い風?

5月26日
毎日新聞

 ビール類売り場に糖質ゼロをうたう発泡酒がずらりと並ぶ。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策で特定健診・保健指導が始まった今春、ビールメーカー4社の新商品が出そろった。発泡酒の出荷量のほぼ半分を糖質カット商品が占める勢いで、健康志向の追い風を受け定番化しそうだ。

 低カロリーの「機能系」「健康系」と呼ばれるビール類は90年代以降、繰り返し発売されてきた。だが、アルコール度数や味わいが「軽い」などの理由で消費は伸び悩み、定着しなかった。

 01年にサントリーがカロリー50%カットの発泡酒「ダイエット生」を発売したころから、健康系の人気がじわり上昇。04年に第3のビールが誕生し、価格面での魅力が低下した発泡酒では、健康志向の付加価値がある商品に人気が集まるようになった。昨年、アサヒビールが業界初の糖質ゼロの「スタイルフリー」(発泡酒)を発売すると、当初計画の1.4倍の830万ケース(大瓶20本換算)を売り上げた。

 キリンビールも今年2月に糖質ゼロ発泡酒「麒麟ZERO(キリンゼロ)」を発売。アルコール分3%の軽さが特徴で、「水代わりに飲める軽い飲み口が好評」(広報担当者)。年間計画を1.5倍の600万ケースに上方修正した。

 3月には、サントリーが発泡酒「ゼロナマ」を、サッポロビールは「軽さだけでなく味にこだわる」ことを強調して糖質カットビール「ビアファイン」を発売。今年1~3月の発泡酒出荷量に占める糖質カット商品の割合は46.5%に達した。さらに4月にもサッポロは糖質ゼロ発泡酒「ビバライフ」を投入している。

 メーカーには「5月の企業の健康診断で需要が増えるのでは」との計算もあるが、「目新しさで売れているだけで、一気に膨らんだ市場自体がメタボ状態。勝ち残れるのは一部」と冷静な声も聞かれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000070-mai-bus_all

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。