ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 地域産業・振興 > 国交省 専門ガイド育成を提言 産業観光推進へ企業OB活用  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省 専門ガイド育成を提言 産業観光推進へ企業OB活用

2008 - 05/26 [Mon] - 00:00

国交省 専門ガイド育成を提言 産業観光推進へ企業OB活用

FujiSankei Business i.
2008/5/26

 地域活性化の新たな手段として産業観光振興が注目されているが、大きな課題が産業にも観光にも強い専門ガイドの育成だ。国土交通省は、ものづくりの現場見学などを地域観光の目玉とする「産業観光」を本格的に推進するため、地方自治体や地元企業、住民向けに産業観光振興のガイドラインを策定。愛知、岐阜両県などの先進事例を基に地域の歴史などに精通する地元企業OBらを案内役に起用することなど具体的なノウハウを盛り込んだ。

 産業観光は、トヨタグループを中心に製造業が盛んな東海地方で活発に進められており、地元企業OBのガイドへの活用にも積極的。例えば、同グループの発祥地である名古屋市の「トヨタテクノミュージアム産業技術記念館」が有名。国交省は同館を含めた28施設を調査・分析し、各施設の実例やガイド育成法などの「成功のポイント」を整理してまとめた。

 例えば、「ノリタケの森」(名古屋市)は明治期に建てられた陶器工場の煙突を公園のモニュメントに活用。館内に陶磁器への絵付けを体験できるコーナーを設置し、観光客に受けている。菓子店の「おかき屋辰心」(愛知県知多市)はガラス越しに製造現場を公開している。

 ガイドラインは、普段見ることがない複雑な製造工程や生産技術を、分かりやすい解説とともに見学してもらう工夫が必要と指摘。来訪者に現場の迫力を感じてもらう重要性を強調している。

 地元企業OBらを専門ガイドとして活用するトヨタの「産業技術記念館」を例に挙げ、来訪者の好奇心を満たせる専門ガイド育成の必要性を提言。このほか、▽専門ガイド養成用マニュアルの整備▽施設のテーマに合わせた商品販売▽近隣観光施設とのチケットの共通化-なども求めた。

http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200805260003a.nwc

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。