FC2ブログ

ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 生活・暮らし > 「三丁目の夕日」を現実に 舞台の東京・港区が事業 昭和の懐かしい街並み  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三丁目の夕日」を現実に 舞台の東京・港区が事業 昭和の懐かしい街並み

2008 - 04/27 [Sun] - 00:00

「三丁目の夕日」を現実に 舞台の東京・港区が事業 昭和の懐かしい街並み

FujiSankei Business i.
2008/4/24

 ■人とのつながり再生

 「夕日町三丁目」が、映画を飛び出して現実に-。東京都港区が「昭和の地域力再発見」事業に乗り出した。昭和30年代の東京を再現して大ヒットした映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のような懐かしい街並みを演出し、人のつながりを生み出すのが狙い。地元の大学とも連携し、近く本格的に動きだす。

 事業の舞台は、港区の芝地区。高層ビルや高速道路の脇に民家や路地が数多く残るエリアで、横を通る国道1号の桜田通りは間近に東京タワーがそびえ、撮影スポットとして知られる。今年、東京タワー誕生50周年で注目が集まっている地域でもある。

 計画ではまず地区内に店舗形式の建物を借り、活動拠点1カ所を開設。日常的に住民が立ち寄ったり、おしゃべりができる場所として運営し、ベーゴマやメンコなど昔ながらの遊び道具を販売したり、駄菓子屋を開くなどのイベントも行う。

 児童公園にはポンプ式の井戸を設置。水は、消火用水や打ち水に利用できるが、1番の狙いは「井戸端会議」の場所として活用されることだ。民家の軒先などには、縁台を約30台設置。雨水をためるおけを20個、打ち水用のおけも100個配備する。

 拠点の維持運営費や設置費用として、予算約1400万円を計上した。担当者は「街並みの整備事業ではない」と強調。「縁台も井戸も拠点も、人と人とが顔を合わせたり、日常のちょっとしたことを話すための仕掛け。仕掛けを元に、映画に描かれたような、活力やエネルギーがある街を実現したい」と期待を込めている。

http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200804240008a.nwc

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。