ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 業界動向 > 百貨店、主力は食品 「特化」の出店、首都圏に続々  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百貨店、主力は食品 「特化」の出店、首都圏に続々

2008 - 03/29 [Sat] - 00:00

百貨店、主力は食品 「特化」の出店、首都圏に続々

2008.3.28

「デパ地下」のような品ぞろえでオープンした「タカシマヤフードメゾン」=横浜市港北区 大手百貨店が、食品専門店の出店を強化している。有名店の菓子や総菜がそろう「デパ地下」のような店づくりが特徴で、上質な商品と百貨店並みのサービスが顧客に人気だ。

 売り上げ不振が続く百貨店でも食品部門は好調なため、特化することで全体の底上げを目指す狙いもある。

 高島屋は26日、新横浜駅上に完成した商業施設内に食品専門店「タカシマヤフードメゾン」を開店した。

 店内はすきやきの老舗として知られる和食店「人形町今半」など有名店の総菜や菓子が並び、ワインの専門店も登場。購入した商品をまとめて自宅に配達してくれるなど、百貨店と同じサービスも受けられる。

 高島屋の食品専門店は2店目。横浜高島屋の小俣薫店長は「食の安全・安心問題への関心が高まっていることもあり、価格が高くても上質な食品へのニーズは大きい」と話す。

 大丸も昨年3月以降、横浜市とさいたま市の商業施設に、相次いで食品専門店を出店。和洋菓子の有名店のほか、豆腐や牛乳など日持ちがしない商品も充実させ、デパ地下とスーパーを合わせたような品ぞろえにした。

 周辺に店が少ない郊外の百貨店では、スーパー代わりに毎日買い物にくる客も多い。このため食品の売上比率が高くなり、大丸では全体の70%に達する店舗もあるという。

 一方、百貨店で主力の衣料品や貴金属・宝飾品は販売不振が続いているため、「需要が多いところに注力する」(高島屋広報)ことで顧客の取り込みを図っている。

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080328/biz0803281254004-n1.htm

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。