FC2ブログ

ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 業界動向 > ターゲットは女性客 都心の書店「購買力」に注目  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターゲットは女性客 都心の書店「購買力」に注目

2008 - 03/29 [Sat] - 00:00

ターゲットは女性客 都心の書店「購買力」に注目 

FujiSankei Business i.
2008/3/28

 ■本のジャンル分け工夫、コーヒー片手もOK

 東京都心の書店で、女性客を主要ターゲットにした動きが活発になっている。働く女性向けをうたった店舗が開業したほか、従来の店舗も女性に対応してリニューアルするなど、購買力の高い女性への絞り込みが進む。

 ビジネス街・有楽町周辺の女性にライフスタイルを提案するのは「TSUTAYA BOOK STORE 有楽町マルイ」(東京都千代田区)。昨年10月にオープン。百貨店「マルイ」の客層を意識し、主に20代後半から30代前半の女性に狙いをつけた。

 人気のある旅行関連本やエッセーなどを充実させ、同年代の女性スタッフが選ぶ雑貨など品ぞろえにこだわりを見せる。書籍棚のジャンル分けも「20代」「30代」「モテ本」「負け犬」など独自のものにした。

 隣の「スターバックスコーヒー」と空間を融合させ、コーヒー片手に本を選んでも構わない。「本を選ぶ時間をとにかく楽しいものに」と同店。

 銀座の老舗書店「教文館」(東京都中央区)も今年3月、改装オープン。銀座通りに面した入り口を拡張、店内をダウンライトでより明るくし、企画紹介コーナーも設置した。いずれも女性を意識して、親しみやすさに配慮を重ねた。改装後は児童書コーナーに、平日午前に訪れる女性客が増えたという。

 「ブランドショップの進出が相次ぎ、銀座の人の流れが変わった。ターゲットがビジネスマンから女性になるのも自然」と、同社の新保拓也取締役は話す。

 出版業界に詳しい専門紙「文化通信」の星野渉さんは「ベストセラーになった自己啓発本やケータイ小説の読者はほとんどが女性だから」と、ニーズの高さを指摘している。

http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200803280033a.nwc

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。