ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 業界動向 > 「ながら飲み」需要開拓 大容量缶コーヒー人気  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ながら飲み」需要開拓 大容量缶コーヒー人気

2008 - 03/19 [Wed] - 00:00

「ながら飲み」需要開拓 大容量缶コーヒー人気 

 300グラム以上の大容量のボトル缶無糖コーヒーが人気だ。ふたの閉まるボトル缶を使用し携帯できるようにすることで、職場や運転中の「ながら飲み」という、新たな需要を開拓している。

 ポッカコーポレーション(名古屋市中区)は17日、400グラムのボトル缶コーヒー「BIZ TIME CAFE BLACK」を4月7日にリニューアル発売すると発表した。

 容器をコーヒーの濃さやコクを連想させるデザインに変更し、「おいしさ持続性」とのキャッチコピーを追加。大容量ボトル缶に対する「味が薄い」「時間がたつと味が落ちる」というイメージを払拭(ふっしょく)し、購入層を拡大する狙いだ。2008年は07年比1・5倍の60万ケース(1ケース=24本)の売り上げを目指す。

 ポッカによると、大容量のボトル缶無糖コーヒー市場は04年以降成長を続け、07年の市場規模は前年比20%増の820万ケース。08年には1000万ケースを超える見込み。

 従来の190グラム缶コーヒーは、気分転換に休憩時など短時間で飲みきる場合が大半。ポッカの大槻洋揮コーヒーチームマネージャーは「大容量ボトル缶は手元に置いて、定期的に飲む人が多い」と、集中力の継続などを目的に仕事や運転の片手間に飲む「ながら飲み」需要を指摘する。

 健康志向の高まりで甘味飲料を避ける人を中心に「お茶や水と同じように、ゴクゴク飲む人が増えている」(アサヒ飲料)ことからも大容量ボトル缶の需要はさらに拡大する見込みだ。

 アサヒ飲料は18日に「ワンダ ボディショット ボトル缶400グラム」を発売し市場に参入。UCC上島珈琲も24日に「UCC BLACK無糖 プラチナアロマ リキャップ缶300グラム」をリニューアル発売する。

 無糖コーヒーの需要が高まる夏場に向けて、市場での戦いが激化しそうだ。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/retail/130795/

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。