FC2ブログ

ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 業界動向 > 安全意識高まり…コンビニ「コメ」メニュー強化  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全意識高まり…コンビニ「コメ」メニュー強化

2008 - 03/08 [Sat] - 00:00

安全意識高まり…コンビニ「コメ」メニュー強化

 小麦やトウモロコシなどの輸入食糧の価格高騰、中国食品への不安の高まりなどを背景に、コンビニエンスストア各社がすしやおにぎりなどのコメを使ったメニューを強化している。コメは値上がりしておらず、国産の安心感が追い風となるためだ。18日にはローソンが手巻きすしの商品数を増やすほか、セブン-イレブン・ジャパンはおにぎりをリニューアル。ファストフード店などとの競争で弁当は苦戦が続くが、コメを武器に巻き返しを図る。

 ローソンは昨秋にスタートしたすしブランド「海苔巻次郎(のりまきじろう)商店」に、銀ザケを使用した「とろサーモン巻」(360円)と「牛カルビ焼肉巻」(同)を追加する。

 同社では新潟コシヒカリを使ったおにぎりが前年比約20%増の売り上げ(平成19年度)を記録するなどおにぎり全体が好調で、手薄だったすしを強化する。

 最大手のセブン-イレブンも18日におにぎりをリニューアルする。ノリの乾燥方法を変え、パリッとした食感を打ち出す。

 コンビニの急成長を支えた弁当だが、最近はファストフード店などとの競合で低迷しており、8年連続で既存店売上高が前年割れする一因になっている。

 この一方で、コメ製品のおにぎりやすしはファストフードのメニューに載ることは少なく、コンビニが苦手な“作りたて感”も重視されない。大手チェーン幹部は「ここ数年、弁当が負け続けた分をおにぎりが補ってきた」と打ち明ける。

 また、肉類の高騰も弁当の低迷に追い打ちをかける。各社は中身の見直しなどで価格維持に懸命だが、めん類に使う小麦も値上がりしており、対応には限界がある。その半面、業務用に使われる北海道産や青森産の米(19年産)は1年前に比べ、2・5~5%安。「米が大半を占めるおにぎりやすしはそれほど原料高に影響されずに商品開発できる」(ローソン)メリットがある。

 さらに追い風となっているのが国産食材に対する信頼だ。中国製ギョーザ中毒事件で輸入食材への不安が高まっているが、おにぎりやすしに使うコメやノリ(韓国おにぎりのみ韓国産)はすべて国産で、ローソンは「安心という側面から消費者の支持を受けている部分もあるのではないか」と話す。

 具材で輸入食材を使う際もアラスカ産紅ザケなど、産地にこだわって仕入れるという。

 コメ製品の人気をさらに加速させようと、各社は工夫を重ねる。年間5億食以上のおにぎりを販売するファミリーマートは11日から、客層拡大に向け、おにぎりのパッケージにベルマークを付ける。「コメは太る」と思っている女性や、4月からの特定健康診査などメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策を意識し、ヘルシーな発芽玄米を使った商品も増やす予定だ。

 同社の1月のおにぎりの売り上げは前年同期比6%増で、「子供からお年寄りまで需要が幅広く、PTAなど会合での大口注文も多い」(ファミリーマート)という。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/product/128378/

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。