ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 行政・自治体 > 「東北農政局で“米”騒動…農家激怒しポスター回収抗議」:PRとして?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東北農政局で“米”騒動…農家激怒しポスター回収抗議」:PRとして?

2008 - 02/29 [Fri] - 00:00

東北農政局で“米”騒動…農家激怒しポスター回収抗議

 「蘇民祭」のポスター騒動が収束した東北地方で、再びポスター騒動が勃発(ぼっぱつ)した。といっても、こちらは男性の裸でなく「お米」の話。東北農政局が作成した「MOTTAINAI」というポスターをめぐり、東北6県の農家6000戸が「農民の尊厳を傷つけた」と激怒しているのだ。農家は、管内JAなどに3万枚も配布されたポスターの回収を求め抗議を続けているが、農政局は一貫してこれを拒否。長年協調してきた両者が、大バトルを演じている。

 「米農家からすれば、ポスターに大きく書かれた『米の作りすぎは、もったいない』『資源のムダづかい』といった文言は、農家の気持ちを逆なでするもの。生産意欲をそぐタイトルであり、緊急抗議をしたのです」

 こう怒りをあらわにするのは、「東北農業農民団体連絡協議会」会長で、自身も秋田で専業農家を営む佐藤長右衛門さん(64)。東北の米農家を怒らせたのが、2月13日に配布された農水省東北農政局のポスターで使われた先出のキャッチコピーだった。過剰生産とされる主食米から供給不足とされる麦・大豆などへの転作を促している。

 佐藤さんたち米農家は、政府の米備蓄政策失敗の責任を、あたかも農家に押しつけるような表現にカンカンなのだ。

 「今年の農水省試算の作況指数(米の生産予測)どおりなら、総生産量は815万トン。これは早場米や国産備蓄米100万トンを足しても、総需要予測から23-25万トンも不足する数値です。農政局は、余り続ける外国米の備蓄152万トンも含めて、『過剰作付け』『資源のムダづかい』と主張している。われわれに『もったいない』なんていうなら、まずは余り続ける外国米輸入をやめるのが先」(佐藤さん)

 確かに外国米は、1992年のウルグアイラウンド締結以降、毎年輸入され続け、保管料は900億円を超えている。日本の食糧自給率も40%を割り込み、世界最低レベルだ。その向上を訴えているにもかかわらず、米の過剰作付けをやり玉にして、農家に減反を迫る農政局の姿勢に、「外米に血税をつぎ込むことこそムダづかい」と、農家の怒りは収まらない。

 佐藤さんと共闘する別の専業農家の男性(62)も、「大体、ポスターの一番上に“MOTTAINAI”なんてありますが、あれは何なんでしょうか。(農水省の)減反推進のための言葉だとしたら、明らかに使い方が間違っています。(この言葉で)ノーベル賞をもらった(ケニア副環境大臣の)マータイさんにも、非常に失礼ですよ。ポスターを見るたびに腹が立ってきます」と憤る。

 佐藤さんは「いままで協調してやってきましたが、今回だけは絶対にいただけません。農政局の歴史に汚点を残します」。だが、東北農政局は「農家も経営者であり、より多くの作付けを行うのは自然なこと。(問題のコピーは)過剰作付けを抑制するメッセージで、輸入に依存する大豆や麦への転作を訴えるもの。農民の方々の誇りを傷つける意図はありませんし、当然、回収の予定もありません」と、こちらも譲らない。

 国産米の減反&外国米輸入に対して払い続ける巨額の税金と、約40万円をかけて刷った3万枚のポスターの回収。本家マータイさんなら、どちらを“MOTTAINAI”とみるだろうか。

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_02/t2008022901_all.html



スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。