FC2ブログ

ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 生活・暮らし > 「ネットスーパー」 2月利用者急増 宅配・食の安全、認知度アップ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネットスーパー」 2月利用者急増 宅配・食の安全、認知度アップ

2008 - 02/27 [Wed] - 00:00

「ネットスーパー」 2月利用者急増 宅配・食の安全、認知度アップ

2008.2.27

 原油・原材料の高騰、中国産ギョーザなど食の不信-。消費への逆風が強まる中、インターネットのサイトで食品などを注文し、自宅に配送してもらう「ネットスーパー」が好調だ。2月に入って、新規利用者が従来の倍近くになったというサイトもある。自家用車で買い物に行かずに済むため、ガソリン代を節約できることや、有機栽培野菜など安全・安心の品ぞろえが消費者の心をつかんでいるようだ。

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂が展開するネットスーパーでは、平均日販(1店舗当たりの売上金額)が昨年12月から伸び始め、2月は前月比15%増。米など店頭で買った重い商品を自宅まで配達してくれるサービスも好調で、セブン&アイは「ネットで買ったり、徒歩で来店したり、お客さまが車の利用を控えている。ガソリンの値上がりが数字を押し上げているようだ」と分析する。

 同社のネットスーパーは今年1月に全店舗の半分の80店舗まで拡大し、会員数は約17万人。主婦のパートに商品選びを担当させ、鮮度のいい肉やできたて総菜を配達するなど商品の充実に取り組んできたが、認知度不足の面もあった。このためガソリン高騰が思わぬ追い風になった格好だ。

 食品スーパーのマルエツが首都圏で展開するネットスーパーの12月、1月の月別売上高も前月比で10%程度増加した。

 一方、店舗を持たず、有機野菜などの安全・安心な食品をネット販売するオイシックス(東京都品川区)では、中国産ギョーザ事件の報道以降、新規利用者が増え、2月の第1週は前月平均と比較して80%増だった

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080227/biz0802271137001-n1.htm


 大雪などが影響した可能性もあるが、中心顧客の30代のほか、50代以上の利用者が多く、理由を「安全だから」と回答する人が目立ったという。資料請求も1月の5倍で、同社は「2000年にサービスを始めて、これほどの増加は記憶にない」と驚きを隠さない。

 スーパーにとって、ネットスーパーでの売り上げは店頭と比べると微々たるもので、システム費用や輸送費などもかかる。「サービスの一環と考えれば別だが、採算が合わない」(中堅スーパー)との声もある。

 ただ、1月の全国スーパー売上高(既存店)は前年同月比1・7%減で、25カ月連続の前年割れ。2月もギョーザ事件の影響で冷凍食品の不振が確実視されており、セブン&アイでは「店で待つだけの商売が通用しなくなっているのも事実」と話している。

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。