ビジネス&マーケティング、ライフスタイルなどに関する情報サイト

  ビジネス&マーケティング・ウォッチングのナビゲーター   トップページ > スポーツ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和 アジア王者 ACL日本勢初V

2007 - 11/15 [Thu] - 00:00

浦和 アジア王者 ACL日本勢初V

 サッカーのアジアのクラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦は県民の日の十四日、埼玉スタジアムで行われ、浦和は昨季のイラン杯優勝のセパハン(イラン)に2―0で快勝し、2戦合計3―1で日本勢として初の栄冠を獲得した。浦和は十二月七日から十六日まで、横浜国際競技場ほかで行われるクラブワールドカップ(W杯)にアジア代表で出場。十日の準々決勝から登場し、セパハン―ワイタケレ(ニュージーランド)の勝者と対戦する(19時30分・豊田スタジアム)。

 スタジアムは国内のACL最多の5万9034人の大観衆で真っ赤に染まった。浦和は前半22分、ポンテの横パスをセパハンDFがクリアミスし、抜け出した永井が強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺して先制。後半はセパハンの分厚い攻撃に手を焼いたものの、少ない好機を生かした。26分、左クロスをワシントンがはたくと、永井がシュート。GKがはじいたこぼれ球を阿部がヘッドで押し込んだ。

 最優秀選手には浦和の永井が選ばれた。

 二〇〇五年度の天皇杯全日本選手権と昨季のJリーグを制し、初めて出場権を手にした浦和はホーム・アンド・アウエー方式で行われる1次リーグE組でシドニー(オーストラリア)上海申花(中国)ペルシク・ケディリ(インドネシア)と対戦。2勝4分け、勝ち点10で同組1位となり、8チームで争われる決勝トーナメントに進んだ。

 決勝トーナメント最初の準々決勝では、前回のACL覇者の全北(韓国)にホーム、アウエーとも勝ちベスト4入り。昨季Kリーグ王者の城南(韓国)との準決勝は2試合とも2―2で引き分け、PK戦の末に日本勢初の決勝に進出した。

 セパハンとの決勝第1戦はアウエーで行われ、1―1で引き分けた。

記念すべき日に

 上田清司知事の話 真っ赤に染まった埼玉スタジアムで悲願であったアジアチャンピオンとなり、そして世界進出が現実のものとなったことに感動した。県民の日に当たる十一月十四日は、埼玉県だけでなく、日本全国のサッカーファンの記念すべき日となった。クラブW杯では、世界に名をはせることを期待している。

さいたま市の誇り

 相川宗一さいたま市長の話 歴史的快挙を成し遂げた浦和レッズの選手、監督、スタッフに最大級の賛辞を贈りたい。激戦を乗り越えアジアに羽ばたいたレッズの勇姿が、市民をはじめ全国の人々に勇気と希望を与えたことはさいたま市の誇り。クラブW杯では日本サッカーの実力を、世界に証明してくれるものと確信している。

http://www.saitama-np.co.jp/news11/15/01r.html

スポンサーサイト

【祝】 Reds! 浦和が2連覇 天皇杯サッカー

2007 - 01/01 [Mon] - 00:00

浦和が2連覇 1-0でG大阪下す 天皇杯サッカー

Jと2冠達成

 サッカー日本一を決める第86回天皇杯全日本選手権最終日は1日、東京・国立競技場でJリーグ1部(J1)勢同士による決勝を行い、浦和が1-0でG大阪に勝って2年連続6度目の優勝を果たし、2006年J1との2冠を達成した。

 浦和は試合開始からG大阪の攻勢を受けたが、無失点に抑え、後半42分に岡野の右センタリングから永井が右足で決めた。G大阪は再三のチャンスを生かせず、16大会ぶり2度目の優勝を逃した。

 浦和は来年のアジア・チャンピオンズリーグ出場権を得た。2月24日のゼロックス・スーパーカップ(東京・国立競技場)は浦和と天皇杯準優勝のG大阪が対戦する。

 ▽国立

浦 和 1-0 G大阪

【得点】永井(後半42分)

 ■ブッフバルト浦和レッズ監督の話 「本当にきょうはラッキーだった。難しい試合だったが、選手は闘争心にあふれていた。3年間をこのような形で終われてうれしい」

 ■浦和・都築の話 「ボールを支配される時間が長かったが、全員体を張って守れた。最後に点を取ってくれると信じていた。いい1年の始まりになった」

 ■浦和・永井の話 「リーグ戦で結果を出せていなかったので、最後に何かやってやろうという気持ちだった。(得点は)応援のおかげで入ったようなもの」

劣勢のなか好機生かす

 レギュラークラスの多くを欠いた浦和は終始劣勢を強いられたが、少ない好機を土壇場で生かして競り勝った。後半42分、途中出場の岡野が右から折り返し、DFの前に体を入れた永井が右足で押し込んで均衡を破った。守備は90分間耐え抜いて、無失点で切り抜けた。

 圧倒的に攻め続けたG大阪は、度重なる逸機でリズムを失った。試合開始後から攻勢に出て、播戸やマグノアウベスがチャンスをつくったが、ゴールを割れなかった。詰めの甘さに泣いた。

2007/01/01 産経新聞
http://www.sankei.co.jp/sports/soccer/070101/scr070101002.htm

浦和イレブン喜びの声…主将・山田「いいシーズン証明できた」

2006 - 12/03 [Sun] - 00:00

浦和イレブン喜びの声…主将・山田「いいシーズン証明できた」

◆GK山岸
 「優勝するまでちょっとスムーズにいかなくて、最後までもつれてしまったから、勝って終われて嬉しさが増した」

◆DF内舘
 「大勢のサポーターと一緒に優勝できてうれしい。最後にピッチに立てたことは、自分にとって財産になる。よかった」

◆DF坪井
 「今年は苦しい試合でも1点差で逃げ切ったり、精神的な部分で強くなった。とにかく嬉しい。本当によかったです」

◆DF闘莉王
 「1年間このために頑張ってきたので、素晴らしい結果で終われてホッとしました。勝って終われたので文句はないです」

◆DFネネ
 「1失点してみんな目が覚めた。1つのタイトルを獲ることがいかに難しいか。スタッフ、選手みんなが喜んでると思う」

◆MF鈴木
 「一番はサポーターのおかげ。いい雰囲気を作ってくれた。自分も優勝に貢献できたと思うし、誇りに思っている」

◆MF長谷部
 「1年間色々あったけど大きな波がなかった。優勝は自信になる。来年はアジアCLもあり勝てばサッカー界も盛り上がる」

◆MF平川
 「ここまで決まらず、もしかしたら、という不安があった。ホームできっちり勝てて優勝できたことが一番嬉しい」

◆MF三都主
 「嬉しすぎて言葉で言い表せないくらい。優勝って本当に嬉しいことだな、と思った。きょうは騒ぎたい気持ち」

◆FW岡野
 「今年は連敗しなかったし、いい感じで勝ってきた。いい時期に浦和に帰ってこれて、僕のサッカー人生はおいしい」

◆MF山田
 「最後までピッチにいられたことが幸せ。いいシーズンだったことが証明できた。来年のアジアCLはまず予選突破したい」

◆FW田中達
 「もう少し早く優勝を決めたかったから、うれしいよりホッとした。けがで終盤出られなかった悔しさを来年の糧にしたい」

◆FWポンテ
 「1点目を取ったときうれしくてサポーターに向かって走ってた。優勝できてよかった。今夜は長い夜になるね」

◆FWワシントン
 「スタッフ、選手、サポーターすべての人たちとともに、素晴らしいタイトルを手にすることができて嬉しい」

◆MF小野
 「何よりチームが優勝することが最高の目標。(けがが多かったが)その中でできることをやってきた。自分の中で悔いはない」


祝優勝! おめでとうございます。 これからも応援しています。
  

【悲願達成!】浦和頂点!G大阪と最終戦直接対決勝って決めた

2006 - 12/03 [Sun] - 00:00

浦和頂点!G大阪と最終戦直接対決勝って決めた

チャンピオンとなったレッズ。スタンドのサポーターとイレブンはそろって万歳し、歓喜の瞬間を味わった

 ◆J1最終節 浦和3―2G大阪(2日・埼玉スタジアム)
浦和が悲願の初優勝達成―。2点差以内の敗戦ならば優勝が決まる状況で、G大阪との最終戦直接対決を迎えた浦和は、先制されながらも、FWワシントン(31)の2得点などで3―2と快勝。DF田中マルクス闘莉王(25)は、左足の肉離れを押して攻守にチームをけん引した。2000年には2部を経験するなど、低迷を経た浦和は、地元に密着したクラブ運営が成功。この日は6万2241人がホームの観客席を埋め尽くし、熱烈なサポーターの後押しを受けてのリーグ制覇となった。

 14年間待ちわびた瞬間だった。リーグ初制覇を告げるホイッスルが鳴る。闘莉王は坪井と固く抱き合い、三都主は歓喜のサンバを踊った。J史上最多の観客で真っ赤に染まったスタンドには、「チャンピオン」の声が何度も響いた。

 2点差負けまで許された昨季覇者との最終決戦。しかし、涙にぬれてきた13年間の歳月が、極限状態のプレッシャーとなる。一歩が出ない。前半21分、相手FWマグノ・アウベスに、よもやの先制を許した。だが、ワシントンにボールを集め、得点王となる2発できれいに逆転。安定した守備から、攻撃にシンプルにつなぐ形が、今季の強さを象徴していた。

 「勝って優勝できた。文句はないですよ」。悲願成就の立役者は闘莉王だ。この日は2失点を喫したが、敵の猛攻に体を投げ出した。チーム最長の今季2972分間出場で7得点。リーグ最少28失点の堅守を支えた男は、実はパンク寸前だった。左足内転筋が軽度の肉離れ。左ひざ打撲もあり、決戦前はリハビリの日々。2日朝、ブッフバルト監督に強行出場を依頼された闘莉王は、V奪取に集中するため、4日まで検査を延期することをドクターに直訴。「出血があっても出るつもりだった。でも、映像を見ると弱気になる」。汗に強烈な薬品臭が混じるほど、大量の鎮痛剤を服用して、後半14分にはワシントンの2点目をアシストした。

 後半26分のスライディングの際には、右大たい部に「ピキって音がした」。肉離れで走れないほどだったが、故郷ブラジル・サンパウロ州で衛星放送を観戦し、応援する家族と、サポーターに約束した栄光をささげるため、90分間死力を尽くした。

 93年J開幕から2年連続最下位。「Jのお荷物」と言われた時期もあった。00年にはJ2も経験。「そういうつらさもいい経験になった」と、今季4年半ぶりにオランダから復帰したMF小野。昨季、最終節で2位止まりの悪夢を昇華させた。

 ホーム無敗記録を22試合に更新。1年間ホーム無敗(17試合)というJ初の快挙を達成した原動力は、間違いなくサポーターだ。毎試合、スタンドを真っ赤に染め、浦和の今季の営業収入は65億円に達する勢い。豊富な資金力で継続的に代表級の選手を補強し、常時2チームが組めるほど戦力を整えた。

 サッカーバブル期に親企業の都合などで、国立競技場や地方開催を増やす他クラブと一線を画し、浦和だけが駒場スタジアム開催に固執。Jリーグの理念「地域密着」を愚直に守り抜いた努力が実った。「来年はアジア(チャンピオンズリーグ)を制覇して、世界に挑戦したい」と藤口光紀社長。世界がレッズを待っている。

 ◆浦和レッズ 1951年、新三菱重工神戸サッカー部として創部。三菱時代は69年に日本リーグ初制覇。70年代は毎年のように日本リーグで優勝争いに絡み、天皇杯と日本リーグをそれぞれ4度制し黄金期を築いた。91年にJリーグ正会員となり、93年の開幕からJリーグに参加。下位に位置することが多く、2000年はJ2で過ごした。01年のJ1復帰後は03年ナビスコ杯、04年第2ステージ優勝、05年度に天皇杯とタイトルを獲得。

 ◆最多入場者記録を更新 2日の浦和―G大阪戦(埼玉)に6万2241人が入場し、J1リーグ戦の最多入場者記録を更新した。これまでは01年10月13日の浦和―横浜M戦(埼玉)の6万553人。Jリーグ公式戦に限ると、04年12月5日のチャンピオンシップ・横浜M―浦和戦(横浜国=現日産ス)の6万4899人に次ぐ2位。年間入場者数でも、昨年新潟が記録した68万1945人を抜いて、77万4749人。

 ◆オシム監督「満足してはいけない」 視察に訪れたオシム監督は浦和に対し「シーズンを通して見ると、浦和はふさわしいチャンピオン。数年間様々な投資をしてきた成果が実った形。今後ビッグクラブになるために必要なことは、スタッフも分かるはずです」と賛辞を贈った。その一方で「今日は精いっぱいお祝いして、あとで(この試合を)分析した方がいい。浦和はこの優勝で満足してはいけません」と厳しい言葉も忘れなかった。

(2006年12月3日スポーツ報知)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のエントリ

ブログ内検索

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

カテゴリー

BGM

©Plug-in by PRSU

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

便利ツール

製作者 PSP改造やろう

アンケート

ブログランキング

     リンク

FC2カウンター

最近のエントリ

ブログランキング

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。